公益社団法人川越青年会議所

2021年度理事長所信

神戸 光邦


 川越は各産業がバランス良く発展しながらも、都心のベッドタウンでもあり、観光都市でもあるといった多様な顔を持つ都市として栄え、今後ますますの隆盛が期待されております。しかし、時代の流れに伴う様々な課題も発生しており、更には昨今の災害や疫病の感染拡大など、その未来は誰も正確には予測できません。多くの期待と不安が混在する中で、このまちは新しい時代を迎えようとしています。 

今こそ若き青年の代表である我々が、予測できない未来に先駆け運動を展開し、時代を切り拓く川越を創造していかなければなりません。

 「時代を切り拓くひとづくり」

 社会を取り巻く環境が急速に変化をし続けている今日、最善だった選択が明日も最善の選択であるとは限りません。どんな明日が訪れようとも現状に捉われることなく、変化を恐れず行動を起こすことの大切さを学び、時代を切り拓くリーダーへと成長してまいります。

 また、無限の可能性に満ち溢れている未来を担う子ども達には、多くの人びとと協力し自分以外の何かのために全力を尽くすことで、いつの時代においても普遍である感動を体感していただきます。その経験を通して、これからますます変化していく環境の中で、いかに自発的に生きていくことができるかを学び、自ら未来を切り拓くことができる人財へと成長していただきます。               

 「時代を切り拓くまちづくり」

 このまちは、まちに住む人びとが主体となって互いに知恵を絞り、力を合わせて困難を乗り越える中で、新たな文化や慣習を紡いできました。しかし、現在若い世代を中心に地域との結びつきは弱くなってきています。地域に眠る若い世代の可能性をまちへと繋げる取り組みを行い、その声をまちへ届けることで、時代を切り拓くまちづくりを展開してまいります。                   

 また、市場への供給が飽和状態となりつつある今日、企業は競争だけでなく地域と調和をしていかなければなりません。商品力や生産性、サービスの向上のみならず、まちのために企業が果たすべき役割を見出し、まちに愛される取り組みを行うことを推進することで、時代を切り拓く企業へと発展していただきます。

 「時代を切り拓く組織づくり」

 ひとは一人では何もできません。(公社)川越青年会議所の組織力を高めて、多くの人びとを巻き込み、まちづくり運動を展開する必要があります。そのためには、多くのまちづくり団体が存在するこのまちにおいて、時代に即した組織へと変革するとともに、既存の手法に捉われず事業を展開しなければなりません。メンバー一丸となって我々の運動を多くの人びとへ伝えることでたくさんの出会いを生み出します。また、膝を突き合わせて多くの議論を交わし、その想いを共有していくことで他者を想う心を育みます。そして、多くのメンバーとともに支え合いながら、まちづくりというひとつの方向に向かって走り続け、メンバーの結束を強めることで、多くの人びとを巻き込み時代を切り拓くことができる組織へと成長してまいります。                                    

  「最後に」

 私は(公社)川越青年会議所へ入会して、多くの個性と出会い、他人を想う気持ちやリーダーシップを学び、支え合うことによって、このまちとの繋がりを深めさせていただきました。本年、私の青年会議所活動の集大成として、(公社)川越青年会議所への感謝を胸に、ひと、まち、組織と本気で向き合い、第六十一代理事長として不撓不屈の精神を持ち、全身全力で邁進することをお誓いいたします。