会員開発委員会

【委員長】

源  直樹

【副委員長】

天野 佳明  平田 康裕

【幹事】

山﨑 育彦

【委員】

中村 磨波

町田 佳太

柳川 浩寿

 

【事業方針】

 目まぐるしく変化する中で(公社)川越青年会議所は、これまで常に未来を見据え、地域の課題解決に向けた活動を展開してきました。これからも様々な変化や多様性への対応力が求められる中で、川越の未来を担う人財育成が必要とされています。そのような人財を育成するには、あたりまえと思っていた今の環境や立場がどのようにして成り立っていたのかを理解し、自分の進むべき道を自らの力で切り開いて最後まで成し遂げるという行動へ移せるよう、確かな目標を見つけ自覚と使命感を持たせることが必要です。

本年度、会員開発委員会では、創立以来60年もの長きに渡り積み重ねてきた出会いと体験を実感してもらうため、まずは事業一つ一つの目的や意味合いを丁寧に説明し、積極的に活動に関わってもらうことで、ここでしかできない学びを体験していただきます。次に日々の委員会では、基本的な知識やルール・マナーなど、青年会議所活動において必要な要素を学ぶ場とし、仮入会・新入会員メンバーに事業の構築段階から担当割を行い、互いの個性や特徴などを理解し尊重し合いながら責任ある立場を経験してもらい、信頼と絆を深める中で「和」を意識していただきます。さらに担当する例会を通して、あたりまえと思っていた自分の環境を顧みていただきます。そして、自らが強く思う理想像を創造し最後まで成し遂げる力を育成します。また、LOMメンバー全体もより深く理解できるようにいたします。私たち青年経済人は様々な自覚が必要です。青年会議所に入会することで新たな自覚が芽生えると考えます。その自覚とは、自分が他人や地域のために何ができるかを考察し、一歩踏み出すという行動へ移す力を持つことです。確かな目標を持ち、それに向かって強く進んでいく仲間一人ひとりが使命感を持つことが大切であり、そのような自覚を備えることで川越の未来を創造することができる人財を開発することができると考えます。

 最後に、不安と期待を胸に入会する仮入会・新入会員メンバーに対し、全員で何が必要なのかを本気で考え、様々な経験を最後まで共に成し遂げるという使命感を持って行動できるよう、力を合わせて活動展開いたします。そして、創立60周年を迎えるにあたり、その積み重ねてきた歴史と伝統を継承しつつ、和の想い溢れる川越の未来へ向けて委員会一丸となって邁進してまいります。


【事業計画】

①4月例会(会員親睦例会)

②11月第二例会担当(家族親睦例会)

③3分間スピーチ担当

④新入会員オリエンテ―ション担当

⑤会員チャレンジ事業担当

⑥会員拡大の実践及び仮入会・新入会員のフォロー

 

その他の委員会

 
 
 

©2020 by 公益社団法人川越青年会議所