青少年育成委員会

【委員長】

西川 幸佑

【副委員長】

飯島 将史  安藤 栄章

【幹事】

中島 啓亨

【委員】

渋谷 隆信

渋谷  巧

南部 浩章

萩原  満

山田 圭輔

 

【事業方針】

 あらゆる分野でグローバル化が進む今日、世界中の人びととの国境を越えた交流も一層活発になっています。このまちの外国籍住民数も年々増加しており、国籍はもとより、母語、母文化、宗教、生活習慣など、多様な背景を持った人びとが、それぞれの価値観を持って暮らしを営んでいます。更なるグローバル化の進展が予想される中、このまちの可能性を切り拓くためには、子どもたちが、未来を考え、自覚と使命感を持って行動に移せる人財へと成長することが求められています。

 本年度青少年育成委員会では、未来を担う子どもたちに「共生意識」を身につけていただくことで、グローバル化が進展し多様化する社会への対応力を養い、未来を考え自覚と使命感を持って行動に移せる人財へと成長していただきます。

 まずは、様々な背景を持つ人びとと出会い、自らと異なる背景を持つ人びとと共に活動する経験を通じ、このまちに存在する多様な価値観を認識することで、相互理解を促進し認め合う心を育みます。次に、自らと異なる文化に実際に触れる機会を創出し、自他の価値観の同異点を認識することで、自らを取り巻く環境を客観視できるようになっていただき、互いの価値観を認め合うだけでなく尊重できる心を養います。その上で、多様な価値観を持つ人びとが協働する場を主体的に創造する経験をしていただき、実践を通じて自覚と使命感を伴う「共生意識」を身につけていただきます。これらの経験をすることで、子どもたちは共生意識を持ってまちの未来を考えるようになり、このまちの可能性を切り拓いていく人財へ成長していくと確信しております。最後に、LOMメンバーの皆様へ一年間の活動内容を検証、共有することで、未来を考え行動に移せる人財の育成にあたって共生意識を育むことの大切さを理解していただきます。そして、メンバーも含めたまちの人びとへ伝播していくことで、和の想い溢れる川越の未来の創造へ繋げてまいります。

 現在、様々な問題が表面化しこの国は大きな局面を迎え、このまちも例外ではありません。創立60周年という大きな節目を迎える本年、我々はまちの課題に正面から向き合い「このまちの青少年を育成することは、このまちの未来を創ることに他ならない」と志高く理想を掲げ、和の想い溢れる川越の未来の創造に向け、委員会一丸となって全力で取り組んでまいります。


【事業計画】

①5月例会担当

②和の想い溢れる共生意識育成事業

③10月第一例会担当

④会員拡大の実践及び仮入会・新入会員のフォロー

 

その他の委員会

 
 
 

©2020 by 公益社団法人川越青年会議所